中央公園クリニック 福岡天神
心療内科・精神科


うつ病
うつ病とは、強い「憂うつな気分」とともに、意欲が出ない、考えがまとまらない、眠れない、疲れやすいといった精神や体の症状が長く続いて、日常生活に支障をきたす病気です。
 人は誰でも、生活の中のさまざまなできごとをきっかけに、気持ちが落ち込んだり憂うつな気分になったりすることがあります。しかし、このような気持ちの落ち込みや憂うつな気分は、原因が解決したり、あるいは解決しなくても、気分転換をしたり、時間が過ぎることで、自然に回復します。 ところが、原因が解決しても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続いてふだん通りの生活を送るのが難しくなったり、思い当たる原因がないのにそのような状態になるのが、うつ病です。
 うつ病には、気持ちの落ち込み、憂うつな気分など「抑うつ気分」と呼ばれる症状とともに、意欲が出ない、考えがまとまらない等の心の症状がみられます。また、多くの方に、眠れない、疲れやすい、といった体の症状もみられます。さらに、朝の調子が悪く、夕方になるとまったく普通と変わらないという不思議な現象もあります。 うつ病は、脳の中の神経の伝達の異常によって起きる病気であり、「気の持ちよう」や「心の弱さ」「あまえ」などで起こるものではありません。

   うつ病回復のコツについては、こちらをごらんください。
   うつになりやすいパターンとその改善法については、こちらをごらんください。


福岡天神中洲
中央公園クリニック